千葉県における葬儀の今後

千葉県の葬儀について調べました

千葉県の葬儀について調べましたmainイメージ
千葉県における葬儀の傾向ですが、費用は低下傾向で、かつその内訳についてもシビアな消費者的な目が向けられるようになってきていると言えるでしょう。

千葉県における葬儀の今後

千葉県における葬儀の今後ですが、東京都とほぼ同じ道をたどることが予測されています。

東京は何事においても“先駆け”的ではありますが、特に南関東一帯は文化的にも共通項が多いので、東京で進む傾向は千葉にも訪れると思って間違いないでしょう。

 

■最も顕著なトレンドは、小規模化

核家族化・少子化・高齢化が進行した結果ですね。

葬儀件数は増加で葬儀を行う子供の数は減少ですから当然の結果でしょう。

例えば、子供三人で両親のお葬式をするのか、一人なのかでは精神的にも経済的にも一人あたりの負担が全然違います。

葬儀にかける費用は景気の良し悪しに関わらず、低下傾向にあります。

千葉は東京ほどの『無縁社会』にはならないでしょうが、葬儀参列に対する義務感も薄らいできていると言われています。

 

■次のトレンドは葬儀だからといって費用を曖昧にしておかないこと

ほんの少し前までは、葬儀の費用はハッキリしないことが普通なくらいでした。

○○万円と言っていた気がするけれど?と思っても、第一に非常に尋ねにくく、第二に「これこれは含まれていません」などど言われたら最後「別なら別と最初に説明すべきでしょ」なんて抗議はまずできません。

葬儀以外のサービスや商品では、誤解を招く記述があったら普通抗議しますし、消費者保護団体のようなところに相談する人もいるでしょう。

こと葬儀に関しては「うーん、でもお葬式だから」と自分で自分を納得させてしまうのが普通でした。

最近は、異業種の参入の影響からか、料金体系の明瞭化が進んでいます。

まとめると、葬儀費用は低下傾向で、かつその内訳についてもシビアな消費者的な目が向けられるようになってきていると言えるでしょう。

PICKUP記事

SIDE MENU